• ホーム
  • 性病が再発したら放置せずバルトレックスで治療

性病が再発したら放置せずバルトレックスで治療

性器に起こる病気として性感染症という病気があります。
性感染症は主に性行為時に感染し拡大していく感染症で日本においても多くの方が感染しています。
特に代表的な病気がヘルペスやクラミジアといった病気が挙げられます。
ヘルペスには性器ヘルペス、口唇ヘルペス、単純ヘルペス、帯状疱疹などがありますが、症状を出さずに進行していくケースや潜伏期間を経て突然症状を見せるケースなど感染しても分かりにくいといった厄介な病気です。
特に初めての方と性行為に及ぶ場合には事前に性感染症の検査を行っておくと良いでしょ。

性感染症の検査は病院以外にも検査キットが販売されておりますので、自宅で検査することが可能です。

また万が一性感染症に感染している場合にはバルトレックスといった性感染症の治療薬がおすすめです。
バルトレックスはバラシクロビルを有効成分とすし主にヘルペスウイルスの治療に有効とされています。
バルトレックスには即効性もあり服用から1~2週間程度で治療が可能とされています。
しかし、性感染症は再発リスクが非常に高いことでも知られている病気であるため症状がなくなったからと薬の服用をやめることなく、治療に必要な期間のお薬は服用することが重要です。
また治ったと思ったが再発してしまったという場合には同じくバルトレックスを服用する必要がありますが、再発を何度も繰り返すからと放置してしまうことで性感染症の拡大やエイズと言った重病に発展してしまうリスクが高まりますので、治療を怠らず根気強く治療するしかありません。

また一向に効果が得られないという方や再発を繰り返し不安を感じる場合には専門医師に再度検査してもらい医師の指導を受けることも重要です。
まずは放置せず早期治療を行いましょう。